洋服の並木のおやじが亡くなったとききました。




飄々とくだらないことをぶつぶつ言いながらの仕事ぶりで、多くのモッズたちを翻弄し続けた職人。



仕立てたはいいが借金取りに追われて引き取りに来なかったチンピラのスーツを私のサイズにピッタリだからと気前よくサラっと「あ~ちょうどいいですねぇ、それ。あげますよ。」と伝票かなんか書いてる最中に言ってくれちゃったり。





変わった人だった。




とにかくモッズだけでなく東京のバンドはみんな並木のおやじのとこ行って作ってたんです。


昨日のスーツもロイヤルラウンジのスーツもイエロードッグスのスーツも自分の結婚式のスーツも。




スカパラとかミッシェルガンエレファントなんかもそう。




ご冥福をお祈りします。